法改正について (平成24年4月改正)

    介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律の概要

    高齢者が地域で自立した生活を営めるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが切れ目なく提供される「地域包括ケアシステム」の実現に向けた取組を進める。

    ・単身・重度の要介護者等に対応できるよう、24時間対応の定期巡回・随時対応サービスや複合型サービスを創設。
    ・介護福祉士や一定の教育を受けた介護職員等によるたんの吸引等の実施を可能とする。
    ・市民後見人の育成及び活用など、市町村における高齢者の権利擁護を推進。
    ・各都道府県の財政安定化基金を取り崩し、介護保険料の軽減等に活用。

    医療と介護の連携の強化等

    @医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスが連携した要介護者等への包括的な支援(地域包括ケア)を推進。

    A日常生活圏域ごとに地域ニュースや課題の把握を踏まえた介護保険事業計画を策定。

    B単身・重度の要介護者等に対応できるよう、24時間対応の定期巡回・随時対応サービスや複合型サービスを創設。

    C保険者の判断による予防給付と生活支援サービスの総合的な実施を可能とする。

    D介護療養病床の廃止期限(平成24年3月末)を猶予。(新たな指定は行わない。)

    介護人材の確保とサービスの質の向上

    @介護福祉士や一定の教育を受けた介護職員等によるたんの吸引等の実施を可能とする。

    A介護福祉士の資格取得方法の見直し(平成24年4月実施予定)を延期。

    B介護事業所における労働法規の尊守を徹底、事業所指定の欠格要件及び取消要件に労働基準法等違反者を追加。

    C公表前の調査実施の義務付け廃止など介護サービス情報公表制度の見直しを実施。

    高齢者の住まいの整備等

    @有料老人ホーム等における前払金の返還に関する利用者保護規定を追加。

    *厚生労働省と国土交通省の連携によるサービス付き高齢者向け住宅の供給を促進(高齢者住まい法の改正)

    認知症対策の促進

    @市民後見人の育成及び活用など、市町村における高齢者の権利擁護を推進。

    A市町村の介護保険事業計画において地域の実情に応じた認知症支援策を盛り込む。

    保険者による主体的な取組の推進

    @介護保険事業計画と医療サービス、住まいに関する計画との調和を確保。

    A地域密着型サービスについて、公募・選考による指定を可能とする。

    保険料の上昇の緩和

    @各都道府県の財政安定化基金を取り崩し、介護保険料の軽減等に活用。

    お問合せ 連絡先

    【居宅支援・訪問介護サービス/福祉用具貸与・販売】
    ふくしん介護サービスセンター/株式会社 福伸 介護事業部
    〒581-0832 大阪府八尾市堤町3丁目14番3号
    TEL:072-998-6628  FAX:072-998-8156